プロフィール

Qちゃん

Author:Qちゃん
お山の上のおかみさん・Qちゃんのブログです。
緑に囲まれたアトリエでの日常や、おすすめパワーストーンの紹介、イベントのご案内、家族やプライベートの話題を、のんびりまったりつづっていきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック

月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
QRコード

QRコード

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
5年ほど前、縁あってアトリエにやってきた黒いペアの石がありました。
縦径が3センチあまりの楕円形で、
同じような感じの石なのに、ひとつは表面がすべすべ、ひとつはギザギザ・・・
という不思議な組み合わせ。

下さった方もどなたかからもらったそうで、名前もわからず、
「かすかに、磁力があるみたいなんですよね~」
との言葉に、その場にいたみんなでくっつけたり離したりして遊んでいました。
言われたからそんな気がするだけで、特に磁気を帯びてるかんじではなかったのですが

そしてそれ以来、「謎の石」としてアトリエの片隅にひっそりとおかれることに・・・・。

コレです!
↓↓↓↓

100_0689.jpg


ところが昨年のことに、  
遊びにこられていたヒーラーのはみる先生(パワーストーン講座の講師さま)が、

「あらっ!こんなところにボージャイがいるわ」

と、この石を手に取られたのです。
「えっ?今なんと?」
と思わず聞き返した私たち

「この石はボージャイストーンといってね・・・・・」
と語りはじめたはみる先生によって、この謎の石の素性が思いがけず判明しました。

このペアの石の名は Bojiといい、
日本では「ボージーストーン」、英語の発音では「ボージャイストーン」と呼ばれており、アメリカのカンザス州のワイディゴ族と呼ばれるネイティブインディアンの聖地の山で採掘されます。
鉱物学的には、カンブリア紀中期(およそ5億年前)の海洋生物の化石が黄鉄鉱化したもので、微量のパラヂウムを含みます。
欧米のヒーラーを中心に根強く支持されてきたパワーストーンで、
カレンさんという女性が、雨上がりの翌朝ひとりで掘っておられるらしいですよ。

ギザギザのほうの石が雄、スベスベのほうの石が雌とされ、
使い方は雄の石を左手、雌の石を右手に握るだけ。
そうして持つだけで、大地と深くつながり自分自身の中心をしっかりさせ、
崩れがちな心身のバランスを整えてくれる
といわれています。
スゴイですね~!
世の中にはいろんなパワーストーンがありまする~

「気」とか「オーラ」とかにきわめて鈍感なおかみのQちゃんでさえ、
この石を持つと、なんとな~くそんな感じがするから不思議! 
巡りめぐってアトリエにきてくれたいきさつにも、とってもご縁を感じます。

以来、ご来店のみなさまに機会があればご説明していましたら
「私もほしいわ!」という方がかなりの数に。
ところがこの石、販売元が限られているらしく、八方手をつくしましたがなかなか入手がすることができませんでした。

それが今回、アリゾナはツーソンの原石市にて
店長ホピちゃんが仕入れに成功いたしまして、
数に限りはございますが、ひそかにアトリエに入荷しております。

店頭のボージャイは非売品ですが、
ちょっと見てみたい!握ってみたい! という方も、
マイボージャイをゲットされたい!という方も
どうぞお気軽にお声かけてくださいませ。

新緑のあたごやまひるずでお待ちしております 
スポンサーサイト
// ホーム //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。